Naoki OKAMURA's Profile

にゃるらコト岡村 直樹の自己紹介

プロフィール

1988年2月28日生まれ。『輝かしい青春』なんてもモノは存在しなかった 27歳。現在病気療養中のため無職。 高校一年の時に精神的な調子を崩したため不登校となり、後に統合失調症の疑いと診断される。

2003年の高校在学当時、統合失調症由来と思われる精神症状のため通学が困難になったため、 当時在学していた普通制高校を自主退学して定時制に再入学したり、 その後定時制学部から通信制学部に転部したりしていたものの、 やはり病状が安定せずに通学困難になり、最終的には高校を自主退学するに至る。

また、2012年頃に母親が倒れ、その影響で季節性うつ症状が定型うつ病に深化し、 2015年前半期頃まで山の天気の様に病状が安定しなかったものの、その後ある程度まで持ち治し、 2015年8月の20日から22日に行なわれた YAPC::Asia Tokyo 2015 には参加できたほどには回復しつつある。

病状、若しくは障害の状況について (2015年8月現在)

2015年8月現在、専門医の診察によって、次の病名、若しくは障害名が診断されている:

また、2015年8月現在の自覚する病状、障害は次の通り:

なお、上記病状、あるいは障害以外にも、

も若干存在しているものの、これについて、男性として振る舞うにはそれほど日常生活に困難を感じてはおらず、 GID 専門医による診断などは受けていない。(猶、これについては現在の主治医には相談済み)

なお、上記疾患名や病状、精神障害により、次の公的援助を受けている:

現在の目標

1. 短期

  1. 社会復帰に向け、就職訓練やデイケアサービス等へ参加、若しくは復帰
  2. 2015年の終りまでに何か一つは Web サービスをリリースする
  3. あと芸術、文芸、音楽面での活動への取り組み

2. 中期

  1. 精神疾患の寛解
  2. 収入基盤や生活基盤の確立
  3. 代表的プロダクト の作成、及び獲得

3. 長期

  1. 自己スキルによるマネタイズ手段の体得
  2. 対人関係の不器用さへの対処方法の会得
  3. ビジネススキル向上

4. 人生最終目標

  1. 築城
  2. 自らの一生に一切の悔いを残さず逝く
  3. 輪廻転生からの解脱

保有スキル

経験

言語

代表的プロダクト

学歴、及び病歴

  1. 1988年2月28日 - 誕生
  2. 1993年 - 小学校入学
  3. 2000年 - 小学校卒業、及び中学校へ入学
  4. 2003年 - 中学校卒業、及び普通進学校へ入学
  5. 2003年9月頃 - 精神状態を失調、不登校に
  6. 2004年4月頃 - なんとか二年生へ進学が、また不登校に
  7. 2004年前半 - 不登校や通勤拒否、あるいはアレルギー専門の病院へ入院し、そこから学校へなんとか通う
  8. 2004年後半 - 病状悪化。統合失調症を疑われ、大学病院へ通院
  9. 2004年後期 - それまで通っていた普通高校を自主退学し、定時制高校へ再入学
  10. 2005年 - 病状が安定せず、再び不登校に
  11. 2006年 - 現状打破のため、定時制から通信制へと転部。この頃からブログやプログラミングを初める
  12. 2007年 - 再び不登校に
  13. 2008年 - 不登校を克服出来ず、高校を自主退学
  14. 2009年 - 当時の主治医からデイケアの利用を提案され、デイケアへ参加するようになる
  15. 2012年 - 主治医を大学病院のドクターからデイケア先のドクターへ変更。その際にうつ病の診断を得る
  16. 2013年 - うつ症状が悪化。一時デイケアに参加することも困難になるものの、年の後半にはある程度は持ち治す
  17. 2014年 - 一時持ち治していたうつが再び悪化。そしてその間に祖母が亡くなるなどして、調子が下り気味に
  18. 2015年 - 下り気味だったうつ症状がようやくながら安定しつつあり、YAPC::Asia への参加が出来たほどには回復基調になる

活動

ブログ

ソーシャルメディア

プログラミング

ブックマーク、まとめ

連絡先